製品概要(受信機)

 

各種受信機 概要(各検知センサー共通)

SMLC2011R (ID識別なし・音声警報無・アラーム音のみ)

各種検知センサーよりの信号を受け警報を発する為の受信機(各種検知センサー信号受信可能)です。
検知センサーより送信された信号を受信、現場状況に応じた情報を、①警戒、②危険、等の情報に変換、早期警戒・緊急避難等を予測し、災害から尊い人命の安全・安心を確保ふる事が出来ます。
受信機1台に対して検知センサー1台の1:1の組み合わせでポイント観測する場合と受信機1 台で検知セン サー複数台1:N(最大30 台)を組み合わせエリアを構成し単独及び広範囲の面観測として使用出来ます。
接続可能検知センサーは、SMLC-2011SS(定置型・検知センサ)・SMLC-2011SP(携帯型・検知センサー)・SMLC-2011SE(緊急時即設置・検知センサー)が用意されており、設置環境に合わせて、いずれか一台もしくは混合で最大30 台までの複数台を登録することが出来ます。


SMLC2011RW (2ID・識別可能・音声警報無アラーム音のみ)

各種検知センサーよりの信号を受け警報を発する為の受信機(各種検知センサー信号受信可能)です。
検知センサーより送信された信号を受信、その信号を所定の情報に現場状況に応じた、①警戒、②危険、、等の情報に変換、早期に警戒・緊急避難等を予測し、災害から尊い人命の安全・安心を確保することが出来ます。
受信機1台に対して検知センサー1台の1:2
の組み合わせで2エリアを構成し各エリア毎に検知センサー複数台N(最大30台)を組み合わせ2エリア(最大60台)の単独面及び面観測として使用できます。
接続可能センサーは、SMLC-2011SS(定置型・検知センサ)・SMLC-2011SP(携帯型・検知センサー)・SMLC-2011SE(緊急時即設置・検知センサー)が用意されており、設置環境に合わせて、いずれか各チャンネル1台づつ一台、もしくは混合で最大60 台までの複数台を登録することが出来ます


SMLC2012R(ID識別なし・音声警報付)

各種検知センサーよりの信号を受け警報を発する為の受信機(各種検知センサー信号受信可能)です。
検知センサーより送信された信号を受信、その信号を所定の情報に現場状況に応じた、①警戒、②危険、、③検知センサー電池低下警報、ID信号等の情報に変換、表示・音声警報発報等で、早期に警戒・緊急避難等を予測し、災害から尊い人命の安全・安心を確保することが出来ます。
受信機1台に対して検知センサー1台の1:3の組み合わせで3エリアを構成し各エリア毎に検知センサー複数台N(最大30台)を組み合わせ3エリア(最大90台)の単独及び面観測として使用できます。



SMLC2013R
(ID識別無・音声警報無・カウンター無・アラーム音のみ)

各種検知センサーよりの信号を受け警報を発する為の受信機(各種検知センサー信号受信可能)です。
検知センサーより送信された信号を受信、その信号を所定の情報に現場状況い応じた、①警戒、②危険、等の情報に変換、早期警戒・緊急避難等を予測し、災害から尊い人命の安全・安心を確保ふる事が出来ます。
アラーム信号塔・信号受信カウンター・等は搭載しておりません。音声警報と①警戒・②危険・③検知センサーの電圧低下警報の信号ランプのみとなります。

 受信機1台に対して検知センサー1台の1:1の組み合わせでポイント観測する場合と受信機1 台で検知セン サー複数台1:N(最大30 台)を組み合わせエリアを構成し広範囲の面観測として使用出来ます。
接続可能センサーは、SMLC-2011SS(定置型・検知センサ)・SMLC-2011SP(携帯型・検知センサー)・SMLC-2011SE(緊急時即設置・検知センサー)が用意されており、設置環境に合わせて、いずれか一台もしくは混合で最大30 台までの複数台を登録することが出来ます。




SMLC2012RE (3ID識別可能・音声警報付

各種検知センサーよりの信号を受け警報を発する為の受信機(各種検知センサー信号受信可能)です。
検知センサーより送信された信号を受信、その信号を所定の情報に現場状況に応じた、①警戒、②危険、、③検知センサー電池低下警報、ID信号等の情報に変換、表示・音声警報発報等で、早期に警戒・緊急避難等を予測し、災害から尊い人命の安全・安心を確保することが出来ます。
受信機1台に対して検知センサー1台の1:3の組み合わせで3エリアを構成し各エリア毎に検知センサー複数台N(最大30台)を組み合わせ3エリア(最大90台)の単独及び面観測として使用できます。


SMLC2014R-HO
火山対応型受信機(SLMC-2017RC併用可能)

本受信機は、神奈川県による「火山活動対応ロボット緊急開発プロジェクトチーム」支援で実用化された。「火山活動対応地すべり警報システム」としてSMLC-2014SP-HO・SMLC-2014SS-HO検知センサーに対応し、送られて来る信号をモニターする事で、信号に応じた警報を音声・アラーム等で通報する。受信機側に無線で警報を送信、①警戒、②危険、、③センサーの電池電圧低下 *センサーID等の信号を受け、早期に警戒・緊急避難等を予測し、災害から尊い人命の安全・安心を確保することが出来ます。
本受信機はオプションのSMLC-2017RCリモコンと併用使用する事で検知センサーの遠隔制御が可能です。
対応検知センサーは、SMLC-2014SP-HO・SMLC-2014SS-HOが使用出来ます。